排便力がつく栄養素マグネシウムを多く含む食品

 

必須ミネラルの一つで生命維持に必要不可欠な栄養素がマグネシウムです。
実は、このマグネシウム、便秘を解消するなど排便力をつけるのにも効果的な栄養素なんですよ。
今回は、排便力がつく栄養素であるマグネシウムの腸での働きやマグネシウムを多く含む食品について分かりやすくお伝えいたします。

 

便秘は便の水分不足で悪化する

マグネシウムの効果を理解するためには、まず、便秘が悪化する仕組みを知る必要があります。

 

便秘が慢性化してしまう大きな原因の一つに、水分不足が挙げられます。
健康な便は70〜80%の水分を含んでいますが、水分量が低下すると便は硬く小さくなってしまいます。
すると、大腸を刺激する力が弱くなり、排便するのに十分な動きを誘導できなくなるのです。

 

さらに悪い事に、留まった便から腸壁へと水分の吸収が進んでいくので、便はますます小さく硬くなり、排便しにくくなるという負の連鎖に陥ってしまいます。
つまり、便秘を解消するためには、便に水分を取り戻す事が必要になるのです。

 

マグネシウムは便に水分を取り戻す

 

マグネシウムには、水分の吸収力を高めるという作用があります。

 

食品から摂取したマグネシウムは全て小腸から吸収されるのではなく、吸収率は25〜60%となっています。
小腸から吸収されなかったマグネシウムは、大腸に届き、便に水分を呼び込んで保持する働きを示します。

 

すると、便は水分を吸って大きく軟らかくなり、腸壁を刺激して、排便されるようになるんですよ。
実際にマグネシウムの排便力を高める力を利用して、酸化マグネシウム系の下剤も販売されています。

 

マグネシウムを多く含む食品

 

マグネシウムは過剰摂取すると、心臓や腎臓に悪影響を与えてしまうので、食品から摂取する事がすすめられています。

 

マグネシウムの1日あたりの推奨量は、男性が340mg、女性が270mgとなっていますが、
スイーツの食べ過ぎや発汗、ストレスによってマグネシウムは大量に消費されてしまうので、現代人は不足傾向にあります。

 

マグネシウムを多く含む食品としては、植物性の食品では、ひじき620mg、昆布520mg、大豆220mgが挙げられ、動物性の食品では、桜エビ310mg、かき74mg、いわし110mgなどが挙げられます。(全て100gあたりのマグネシウム量です。)

 

これらの食品をあまり摂らないという方は、水1lに対してにがりを1〜1.5ml加えたにがり水で代用しても良いでしょう。

 

ただし、摂取のしすぎには注意をしましょう。

 

最後に

マグネシウムは排便力をつけて便秘を解消してくれるだけではなく、
体温や血圧の調整、筋肉の弛緩、細胞のエネルギー消費などありとあらゆる酵素反応に関係しています。

 

マグネシウム不足は、生きるために必要な代謝活動をも低下させてしまうので、
不足しないように、今回ご紹介した食品のうち、一つは毎日摂取するように気を配りましょう。

 

関連ページ

【豊潤サジー】妊娠中の便秘解消・体重管理に試してみる価値あり!
妊娠中の便秘解消&体重管理に豊潤サジーを試してみたところ、とっても効果がありました。口コミレビューします!
モリモリスリムの便秘効果※口コミレビュー
モリモリスリムの便秘効果を体験レビューします!
市販の便秘薬を服用する際に注意しなければいけないこと
便秘解消として市販の薬を使う事は有効です。ただし、服用の際にいくつか注意しなければいけない点があります。
便秘は本当に遺伝するのでしょうか?
便秘と遺伝の関係や便秘体質の原因となりやすい生活習慣についてご紹介していきます。
便の色でわかる子供の病気〜便の状態から手がかりがつかめ!
あなたは、ご自分やご家族の便の状態に気をつけているでしょうか?今回は、便の色でわかる子供の病気についてお伝えします。
下剤の落とし穴※大腸メラノーシスの原因と症状
慢性的に刺激性下剤を服用することにより、腸は強い刺激を受け続け色素が沈着してしまいます。細胞を硬化させることで大腸がんのリスクも高まるとの見解もあります。
【要注意】残便感の原因と解消法
残便感、実は便秘の一種ですが、頻繁に起こる人は要注意です。もしかしたら腸に何らかの障害や病気を抱えている可能性があります。残便感のセルフチェックと解消法をお教えします。
兎糞状のコロコロ便、どうしたらバナナうんちになる?
正状な便の形は、バナナです。それも、1回のいきみでするっと1本出るのが理想です。もし、コロコロ便が少しずつ出るくらいという人は、どのようにしたら理想のバナナになるのでしょうか?
こわ〜い大腸メラノーシスの症状と改善法
大腸メラノーシスを放置していると大腸の機能はみるみるうちに低下していきます。では改善する方法はないのでしょうか?